素人工房「めだか」

福岡は、例年、夏が終わっても10月までは暑い日があります。
それにしても、今年は暑いですね。
今日の最高気温は29度ですよ。

マンションから一軒家に引っ越して、3年。
今回は、その当時のことを書いてみたいと思います。

当時、引っ越したばかりの我が家には、大量の荷物。
持ち込んだ家具はダイニングテーブルとイスのみで、
荷物の収納家具はありませんでした。

さて、そこからが、素人工房「めだか」の登場です。
最初に作ったのが、靴棚。
目立たないけど、これは必需ですね。
家族の靴の量ってハンパないですから。

そして、テレビ台、パソコン机、パソコンイス、収納棚×3、
吊り棚×2、ミシン収納ボックス棚、勝手口網戸、木工用工作台など
家具がひとつ出来るたびに、山のようにあった引越しの段ボール箱が、
数個ずつ消えていくという生活が半年以上続きました。

それにしても、我ながらよく作ったものだと思います。
平日は仕事をして、作業は休みの日のみ。
本当の日曜大工ですから。

家具を作るといっても所詮、素人です。
簡単な図面(絵)を書き、寸法を出して、材料はホームセンターで調達。
あとはアドリブでデザインを変えながら作ります。
見かけにうるさいカミサンからも、
デザインや使用上のクレームは一切ありません。

「めだか」の名の由来ですが、
家具づくりのコンセプトは、「ヘタにもほどがある、味がある」です。
つまり、ヘタ。

そんな「ヘタ」な私に家具づくりを依頼されるあなたは、実に「目が高い」。
目が高い=めだか、という意味です。

これまで、どなた様からも家具製作のご注文は、いただいておりません・・・。

↓ちなみに、めだかの看板デザインです。
めだか2

↓あまった木材で作ってみたものが、コレ。我が家の看板です。
看板2

バイクやカヌー、ルアーフィッシング、キャンピング、
サイクリング、ウォーキング、BBQ、畑仕事など。
毎日の仕事に精一杯励んで、
やりたいことを気楽に楽しむ倶楽部です。

人生の時間を豊かに生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>