たぬき、サル、野うさぎ、キツネ、鹿

早朝5時、薄暗い窓の下の道路を犬が下って来ている。
そして、道路から続く我が家の庭までの斜面を登ってくる。
窓越しに私の目の前を通過していった。

犬? いや、しっぽがふわふわしていて、長い。
しっぽの先が白い。もしかして、キツネ?

いやぁ〜、いくら何でもこんなところにキツネがいるはずがないでしょ〜。
でも、見た。

早速、ネットで検索してみると、
まぎれもなくそれは「ホンドギツネ」でした。ホントです。

この話をカミサンにすると、
「ね、だから1年前にキツネを見たといったでしょ!」と、
「ほら、見ろ!」的な表情で言われてしまった。

そのことを、すっかり忘れていた。
というより、ハナから真剣に聞いていなかった。

でも、私も見た。その後、もう一回見た。
私の息子も別の場所で、キツネを見ていた。それもペアで。

いるんですよ、我が家の近くに、野生のキツネが。
地元の人にその話をしたら、いともあっさりと「いるよ」と言われた。
でも、ここ10年近くは見たことがないらしい。

いるんだ〜、キツネ。
そういえば、サルもいた。野うさぎも鹿もいる。
たぬきだっている。ほら、この通り。(我が家の窓から撮影)
たぬき

でも、最近、近くの山を切り崩しはじめてから、我が家では誰もキツネを見ていない。

※日本には北海道にキタキツネ(体長約77cm,尾長約42cm),
本州,四国,九州にホンドギツネ(体長約70cm,尾長約37cm)が生息する。
体色は生息地や個体,季節などによってさまざまであるが,
日本のものは赤褐色ないし黄褐色で,赤型の色相と呼ばれる。

私が住む福岡県では、キツネは準絶滅危惧種に指定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>